製品紹介
テトラポットチャッキング吊装置

従来のテトラポットの設置、及び回収は陸上に位置するクレーンなどでワイヤー及びベルトによりテトラポットを吊り下げていました。
設置の際は、最終的にテトラポットから水中でワイヤーを外す場合、または回収の場合は、最初にテトラポットに水中でワイヤーをかけ、潜水夫の作業で行っていました。この作業は非常に危険が伴うため、この吊装置を使用すると簡単かつ安全です。


特長
  1. 海中に浸っているものは、海藻やフジツボなどが付着している場合がありますが、このチャッキング装置はスリップすることなく、安全に作業ができます。
  2. 半分ぐらい砂に埋まっていても、先端部が出ていればチャックすることができます。
  3. 従来のチャック装置のように下からチャッキングするのではなく先端部をチャックするので、非常にコンパクト、軽量であるのでクレーンの吊り能力も軽減できます。

※)製作の実績としてはヤマト工業様に納入させて頂いたもので8t、10t、12.5t、16.0t、20.0tでその他については対応したいと考えています。

テトラポッド形状寸法図
ページトップへ戻る